記事一覧

    [GW2017]3日目(その1) 白骨温泉とヘッドライトトラブル・・・

    3日目

    おはようございます。
    今日はのんびり起床。



    荷物の片づけをしていたら、お風呂セット(石鹸やかみそり入れたジップロック)がないことに気づいた。
    うーん、もしかしたら昨日行った菅野温泉に忘れたのかも?



    散歩がてら菅野温泉に行ったらありました。
    忘れ物入れの中に入れてくれてました。
    ありがとうございます~

    戻って荷物の片付けもひと段落したのでコーヒーでも飲もうかなとキッチンに降りると、
    横浜のお父さんがちょうど朝食の準備をされてた。



    豆を備え付けのミルで挽いてドリップしようとしてて、おいしそうな香りが。
    お父さんと挨拶してると、なんとご相伴いただけることに。ありがとうございます~



    ジャムはここらへんの特産で、パンはお父さんの地元から持ってこられたらしい。
    お父さんといろいろお話しながら朝食。楽しかった。
    おいしいコーヒーとパン、ご馳走様でした!



    身支度も終えてリビングでのんびり。
    他の宿泊客もそれぞれ準備して出発。
    さて、では僕も行きましょうか。
    お見送りしていただきながら、荷物をバイクに積んで出発。



    お世話になりました~
    とても楽しいゲストハウスでした。
    また「お気に入り」がひとつ増えてしまった。
    またいつか遊びにきます~

    ・・・

    今日もいい天気。
    なごりを惜しむように、あえて諏訪湖をぐるっと回って高速入り口へ。



    諏訪ICから高速に。



    ICはいってすぐ、諏訪湖SAにまず入って忘れずにお土産を購入。
    お土産の荷物は嵩張るし、明日雨予報でもあるためSAから直接自宅に郵送していただく。
    送料もったいないけれど、やはり楽。



    さらに北上。
    向こうのほうに雪が残るなんたら北アルプスの山々を眺めながら走るのは気持ちいいですね。
    気温もいい感じ。

    松本ICで降り、乗鞍高山方面へ。
    今日は白骨温泉を経由して安房峠道路のトンネルから岐阜に入る予定。



    ヘッドライト、トラブル発生


    下道をのんびり車と一緒に乗鞍方面へ。


    ・・・

    ???

    んー???

    なんかトンネルが暗いなぁ。

    はっ、もしや。

    直前を走る車にあるべきヘッドライトの反射がありません。
    どうやら球切れしてるようです。

    すぐさま、途中の「道の駅 風穴の里」に。



    キーONにしてもヘッドライトだけ付かず。
    Hiにすると点く。うん、やはりLowのほうのフィラメントが切れたようです。



    見た感じ切れてないんだが・・・
    まぁ、こんだけずっと走ってたし振動でやっちゃったかな。
    あわてずに常に持参してる予備と交換。



    予備はホームセンターで昔買った4輪用の安物。
    ひとまずこれで十分。
    さくっと取り付けてロックで固定し、ゴムカバーをつけた上からコネクタを差し込んで蓋を閉じて終了。
    カバーの2本のボルトも忘れずに。

    キーONでヘッドライトが点くことを確認して完了。



    今思えば、ここで確かに違和感を感じたはずなのだが、ここでは然して深くは考えずに、
    この旅のトラブルがこの程度で済んだらラッキーだなと思いつつ、ソフトクリームで糖分を補給。
    うまい。


    白骨温泉 泡の湯


    道の駅をでて西に進み、途中トンネルの分岐で案内にしたがって分岐。
    その後また途中の分岐で「白骨温泉」方面へ。



    ここから嫌いなえげつないグネグネ道を経由しなければならないのがつらい所だが、
    死ぬまでに一度は来たいと思っていた温泉のため、頑張る。



    なんとか到着。
    駐車場も結構な砂利と傾斜でつらかった。
    他のバイクと同じならびに駐車。



    外来入浴は13時半までなので、現在13時前・・・ぎりぎりでした。
    GWだからか結構人が多そう。




    泡の湯は有名な混浴大露天風呂で、
    乳白色にコバルトブルーを足したような白濁した温泉。
    ぬるめの温度のため、長時間長湯してあったまる感じですね。
    お湯より日差しのほうが暖かい気もw

    透明度はないので女性の方もかなり多め。そのため女性も入りやすいと思います。
    若いご夫婦や子供連れの家族も多く、まさに老若男女が気持ちよく入れる雰囲気でした。

    GWだからともっと混雑してるかと思いましたが、比較的余裕もありのんびり出来ました。
    機会があれば皆様もぜひ。

    中の写真は撮れませんが、以下HPなどからイメージを。



    HPより引用

    泡の湯、白骨温泉を代表する混浴の大きな露天風呂。

    時季のうつろいを感じることができる「白骨温泉」の代表と
    言っても過言ではない、白く濁った湯の大露天風呂。  
    白骨温泉イコール乳白色というイメージのままの露天風呂です。

    入口は男女で分かれ、お湯も濁り透けないので、
    女性でも目線を気にすることなくご入浴いただけます。
    (湯浴用バスタオルもご用意しております)
    「3日入れば3年風邪をひかない」といわれ、
    神経痛、冷え症などに効き身体が芯から温まります。


    Y361873212.jpg
    ※画像は旅行サイトより引用




    ふたたび、ヘッドライトトラブル


    温泉に入りリフレッシュも出来たので、
    本日のお宿方面に向かいましょう。

    ああ・・・またあのグネグネ道を戻るのか(しかも下り)、つら。

    ・・・

    ガチャッ・・・ガシャン・・・・


    んー?

    どうもヘッドライトケースから「ガチャガチャ」と音がする。

    え?またヘッドライト?

    手をかざすとライトは点いている。

    なんだろう、ロックがうまく出来ていなくて外れたのかな。
    そうなると振動ですぐにフィラメント切れる可能性があるのでまずい。



    安全そうな路肩に寄せて工具を取り出して再度ヘッドライトを開けてみる。

    うおっ、ヘッドライトケース内にナットとワッシャーが転がってる!
    なんやこれは。



    どうやらレンズ部分と外枠を固定する上下のボルトとナットの一部のよう。
    これが外れてヘッドライトケースの中で踊ってガチャガチャ言っていたのだと思われる。



    上が完全に外れて、下がだいぶ緩んでガタガタに。
    これのせいでレンズ部分が外から押してもグラグラで固定されていない感じに。
    ああ、先ほどの道の駅で取り付けるときも、なんか違和感があったがこれだったか。
    取り付けるときになぜかレンズが動くなぁと思っていたのを思い出した。

    もしかしたら球切れの原因もこれが緩んでガタガタになったため振動で切れたのかもしれない。




    ボルトは見た感じ見当たらない。
    もしかしたら先ほどの道の駅で開けたときに落としたのかも?
    とりあえず手持ちの工具で、下側のまだ着いてるボルトを増し締め。
    上側を仕方がないのでタイラップで固定。
    これで様子を見ることに。

    このまま走ってたらまた球切れ、最悪レンズだけ落とすところだった。
    危ない危ない。

    ヘッドライトをケースにはめて、工具を片付けて、出発。
    ここで大きなミス。

    コネクタを挿し忘れ、ボルトも締め忘れてた。
    数十メートル走って、段差でヘッドライトが浮いたのみて気づいた!!!
    あわてて落ちないように左手で抑えながら安全な路肩に。

    いやぁ焦った。
    これは焦った。
    疲れてるのか、ボケてた。

    危うく、ヘッドライト落として壊すところだった。
    危なかった。

    冷や汗をかきながら、コネクタを挿してちゃんとボルトを締めて再出発。
    やはり疲れてきたら駄目だな。
    集中していこう。



    (つづく)
    >> [GW2017]1日目 長野、諏訪へ
    >> [GW2017]2日目(その1) ビーナスライン/御射鹿池
    >> [GW2017]2日目(その2) 矢彦・小野神社御柱祭
    >> [GW2017]3日目(その2) ひとり温泉宿でのんびりと
    関連記事
    スポンサーサイト

    よろしければ1ポチお願いします~
    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    うに

    Author:うに
    うにです。

    バイクやキャンプ関連の備忘録を兼ねたブログです。
    このごろいつ何処に行って何があったかすぐ忘れるので・・・

    あまり参考になる内容は無いかも。




    バイク:
    2009/11購入-14/02下取
    DS250(2006) 40755km

    2014/02乗換-
    SR500(1994) 

    検索フォーム