FC2ブログ

    記事一覧

    北海道ツーリング2018 6日目 三国峠からタウシュベツ川橋梁、帯広へ

    2018年7月19日 6日目

    朝6時

    テント内でゴロゴロ。
    日がのぼり、テント内の室温も高くなって我慢できなくなったので外に。



    おはようございます。

    昨日のメンバーにも挨拶しに。
    あれからどうでした??

    ・・・!!!

    なんと1時半くらいに一回雲が晴れてプラネタリウム状態になったとの事。
    1時半!!
    昨晩1時にふと目を覚まして顔出したときには雲だらけだったで寝てしまったのだが、
    なんということだ。もう少し頑張っていれば後悔・・・残念すぎる。

    写真撮ったりする暇なくまた雲に覆われてしまったらしいが。あぁ見たかった。





    悔やんでいても仕方が無い。
    撤収準備を始めよう。
    羊がキャンプ場内を散歩していた。



    バイクの近くにも来た。
    (いつかこの羊も食べられるのかな?)

    撤収準備といっても荷物をまとめてバイクに積載するだけ。借りたテントはそのままでいいらしい。

    しかしレンタルは確かに楽なのだが、キャンプを楽しむのであればやはり自分のテントが良いな…という感想。
    キャンプは自分がこだわった道具を使うのが一番かもしれないと反省。

    次に北海道に来るときは必要最低限の道具は積んで来ることにしよう。

    カブの子はここで連泊するらしい。
    こんばんは星が見えるといいね。

    それ以外のみんなはこれから出発のよう。
    東京の女の子もキャンプ場をキャリーバッグ引いて出発した。(シュール)

    7時半にゴミ回収が始まったので分別してゴミ回収代金を支払い。
    では出発。皆さんご安全に。


    三国峠


    富良野から旭川まで一旦戻り、大雪国道へ。



    途中愛別で給油して進み、上川国道に。
    そのまま糠平国道を進んで最初の目的地である三国峠展望台に到着。



    少しここで休憩のつもりが、虫(蜂)が多くて早々に撤退。
    刺されたら堪ったものではない

    少し進んだところの三国峠停車場にバイクを少し停めて、
    橋の上からの松見大橋を眺める。



    いい景色。

    霧で覆われる可能性も高かったので、曇りだがまだいい天気でよかった。
    気分良く、次の目的地へ。


    タウシュベツ川橋梁


    そのまま道なりに走り、タウシュベツ川橋梁展望台の文字が見えたので駐車場にバイクを停める。



    思ったより人が少ないな。バイクが1台だけ。

    横に停めるとそのバイクのお兄さんが、
    「水没してて何も見えないですよ~」と教えてくれた。

    !!!

    なんと…。



    確かに入り口にもそんな掲示が。
    通常6月から10月にかけて徐々に水没していくのだが、
    この前の大雨で一気に水没した模様。

    ・・・ショックだ。

    3年前は帯広はスルーしたため今回こそは見たかったのだが、
    満天の星空に引き続きタウシュベツ川橋梁も今回縁がなかったみたいだ。
    自然のことだから仕方が無いが、残念だ。

    タウシュベツ川橋梁は年々風化が進んでおりいつ崩落崩壊するか分からないところもある。
    次に北海道に来たときに「まだ残ってる」という保障も無いため、ぜひ今回見ておきたかったのだが。



    悔しいので、水没している姿を見に行く。
    うん。完全に見えない。

    気を取り直して先に進みましょう。


    ナイタイ高原


    上士幌に向かうにつれ、だんだん霧が出てきた。
    曇り程度なら良いのだが、霧だと何も見えなくなる。
    微妙に雨もぱらぱらと。



    これはまずいな。
    天気予報見ても雨雲レーダー見ても問題無さそうなので、
    これは単に霧が発生しているのだろう。もう少しすれば晴れるかな・・・



    町中に入り給油休憩。霧は相変わらず。どうするか検討。
    いまからナイタイ高原に行くつもりだったが、先に帯広まででて豚丼を食べて霧が晴れるのを待つか?
    しかしその場合だいぶ遠回りになり時間的にもロスが多い。
    霧が晴れる保証も無い。

    ひとまず本日泊まる予定のライダーハウスに電話して予約。
    今日はそんなに客はいないらしく余裕のよう。無事予約完了。

    さて悩んでいても仕方がないので当初の予定通りナイタイ高原に行くだけ行こう。
    霧で何も見えないなら、それはそれで思い出だ。ネタになる。



    道に迷いながら入り口到着。
    さらに霧が濃くなる。濃霧。

    視界不良で数メートル先が見えない。
    レストハウスまでどれくらい距離があるのかも分からない。

    どうするか。かなり躊躇する。
    うーん、行こう。
    もしかしたら上は晴れているかもしれないと淡い期待を胸に。
    レインウェアも着ずに←



    慎重に上っていく。
    道の両脇が草原なのか崖なのかすらもうっすらとしかわからない。
    上って行くとたまにバイクにすれ違う。
    こんな濃霧でも同じ事考えて上るライダーもいるのですね。

    しかしレインウェア着るべきだった。
    レストハウスの駐車場につくころにはジャケットもズボンもぐっしょりに。



    はい、予想通り。
    真っ白で何も見えません。



    今日はほんと大自然に翻弄されている気がしなくも無い。
    試される大地がここにきて思い出したかのように試してくる。



    レストハウスで休憩して乾かしながら、
    朝ごはん代わりの豚丼バーガーとコーヒーをいただく。
    レストハウスは去年の大型低気圧の影響で建物が倒壊したらしく、現在は仮設店舗での営業らしい。
    がんばって復興して欲しい。



    おいしい。
    ごちそうさま。

    しばらくレストハウス内で待機してみたものの一向に回復する雰囲気が無い。



    壁の書き込みを眺める。

    その間も何台かバイクや自転車であがってきては、同じようにため息をついている。
    レンタサイクルであの濃霧の中をあがってきている女の子2人組みもいた。
    根性あるなぁ。

    回復しそうも無いので諦めて下りることに。
    下りていくと霧も薄くなり、高原入口を出るころには霧から抜けた。
    上のほうだけ霧に包まれていたみたいだ。広い高原を眺めたかったのだが残念。



    ここ数日残念しか言っていない気もする。


    豚丼


    しばらく走ると湿っていたジャケットやズボンも乾いた。ちょっと寒い。
    このまま帯広のほうの豚丼食べに行こう。(さっき豚丼バーガー食べたところだが)
    残念ながら、チェックしていた豚丼屋さんの「かしわ」がちょうど定休日だった。
    今日は本当についていない。

    仕方なく調べてライハの近くでおいしそうなお店へ向かう。

    「十勝豚丼いっぴん帯広本店」へ



    さっき豚丼バーガー食べてしまったので、「豚丼ご飯少な目+豚汁+梅奴」のセットで。



    おししいいいいい!幸せだ。
    霧は晴れなかったが、残念だった気持ちは少し晴れた。


    ライダーハウス&カフェ PIT


    さてこの後はどうしようか。
    幸福駅行こうかなとも思っていたが、疲れているのかなんとなく気が乗らない。
    今日はもうチェックインしてしまおう。



    ライダーハウス&カフェPITさん到着。

    電話でオーナーさんに連絡して、所定の方法で宿泊代を支払う。
    お世話になります~

    ここは個室が複数あってそれぞれ相部屋になるつくりのよう。
    女性は泊まりやすいのではないかな?
    本日は人数が少ないため、通常3人くらいの相部屋のところを一人一部屋割り当てのよう。
    ラッキーだ。

    荷物置いて2階のリビングにいた先客のお父さんに挨拶してお風呂へ。
    5㎞くらい離れたところの「やよい乃湯」(440円)



    ふぅさっぱりした。帯広はまぁまぁ涼しい。

    帰りにコンビニでビール類を買って、PITに戻りリビングへ。
    九州男児の福岡のKさんが飲んでたのでご一緒させてもらうことに。
    年に半年は旅に出ているらしい。すごいなぁ。

    次第に人が集まってくる。
    おや?どこかで見たお父さんが・・・
    北緯45度モニュメントで会ってみどり湯で再会したあのお父さんじゃないですか!
    再びの再会に喜ぶ。こんな偶然もあるんですねぇ。



    埼玉からと大阪からの女性2人も加わり宴会。
    近くにあるジンギスカン屋「有楽町」でジンギスカンを食べてきたらしい。

    行列の出来る有名店らしい。豚丼しか頭に無かったためチェックが漏れていた。
    またもやジンギスカンにありつけなかった模様。

    そうそう福岡のKさんとFBで繋がったところ、どうやら3年間に宗谷岬で出会ったKさんとも知り合いだった模様。
    また大阪のMさんはなんと、同じ会社の同僚で旅人でもあるYさんを知っているらしい(山形のゲストハウスでたまに会うらしい)。
    ここでも世間は狭いことを実感する。びっくりした。
    旅人はどこかで旅人と繋がってるんですね。

    そういえばMさんに根室の鈴木食堂のサンマ丼を(めっちゃ)お奨めされた。
    明日のフェリーで帰るため今回は無理だが、いつか行ってみようと思う。

    宴会は続いていたが、0時ごろ僕は退散。
    おやすみなさい・・・。


    ---

    あとから思い出したが、
    十勝白樺並木行くの忘れていた。
    これもまた次回・・・。

    (つづく)
    関連記事
    スポンサーサイト

    よろしければ1ポチお願いします~
    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    うに

    Author:うに
    うにです。

    バイクやキャンプ関連の備忘録を兼ねたブログです。
    このごろいつ何処に行って何があったかすぐ忘れるので・・・

    あまり参考になる内容は無いかも。




    バイク:
    2009/11購入-14/02下取
    DS250(2006) 40755km

    2014/02乗換-
    SR500(1994) 
    2017/05/30 100000km達成

    検索フォーム